現状に満足していないあなたには大いなる”可能性”があるという話

考え方
スポンサーリンク

今日のあなたは、誰かが憧れた明日ですか。

生きていると自問自答することがあると思います。

「俺って(私って)、このままで大丈夫かな。」

そう考えて不安になってしまう人も多いはず。でも、実はそういうことを考える人って、すごく可能性があるんですよ、という話をさせていただきたいです。

スポンサーリンク

今の自分を否定するということは、理想を持っているということ

「今のままでいいのかな」

そう考える人の多くは、現状の自分の姿に満足していないからそう考えます。しかし、よくよく考えてみると、自分が思い描く何かがないとそう考えることはありません。自分がこうありたいと、理想を持っている人ほど、こういった考えに陥るのです。

それは果たして悪いことなのか。私は、よいことだと思います。それはなぜか。

あなたがまだまだ成長したいと強く思っている証拠ですから。

自問自答をするならば、自分の理想への道筋を考えよう

とはいっても、この自問自答の日々は本当につらいですよね。

満足はしていないけど、じゃあ何をしたらいいのか。何をしたらいいかわかっていたら悩んだり考え込んだりはしません。

自問自答の日々が続くようならば、まずは、自分の理想って何?と可視化してみましょう。 こうありたい自分、理想の自分、ふわっと考えてはいるけど、それがしっかりと形になっている方は少ないはず。

考えることはすごく良い時間ですが、その時間をマイナスな自問自答に費やすのではなく、プラスな自問自答に切り替える努力をしましょう。

自分が本当になりたい姿、理想の姿を、書き記してみましょう。何でもよいです。どんな言葉でも、絵でも、なんでも。最初は書きづらいと思いますが、頭に浮かんだ何かを形に残しましょう。いらない紙ではだめです。しっかりとしたノートに。もう出し切ったと思うまで続けましょう。

きっとそのころには、マイナスな自問自答は消えています。

もちろん、時間がたてば同じようにマイナスな気持ちが心に浮かんできてしまうでしょう。そうしたらまた、同じようにノートに書き綴るのです。

あなたの財産は、あなたしか生み出せない

落ち着いたとき、そのノートを広げてみてください。つながってること、つながっていないこと、様々でしょう。しかし、そこに書き綴った「何か」は、あなたの可能性の全てです。

そこにある言葉、絵…。あなたの財産につながる「何か」になります。

今、あなたにできること

ノートを見ながら、自分自身に質問してみてください。

「まずは、何をやろうか。」

考える題材は、ほら、目の前のノートの中にあります。

それはあなたの財産。誰にも生み出せない、財産。

それがあなたを変える、第一歩になりますよ。

今日はここらへんで。失礼します。

タイトルとURLをコピーしました