ブログ初心者のための基礎知識01:ブログサービスを解説

「特化ブログ部録!」を運営しているてんてんです。今回はブログ開設のための準備についてのお話です。1回目はブログサービス編です。

この記事ではブログを開設する前に知っておきたいブログサービスについての基礎知識を解説します。

てんてん

この記事を書いた人

  • ブログを複数運営
  • 本業のスキルを活かした技術系ブログはGoogle検索一位獲得!
  • 本業あっての副業がモットー
  • アクセストレードのサイトコンテスト新人賞受賞

スポンサードリンク

ブログ開設時に知っておきたい基礎知識

ブログ初心者さんにとってブログを開設することそれ自体が大きなハードルになると思います。何から手を付けていいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ブログを開設するといっても色んな手段があります。ブログを始める前に必要な知識をしっかり理解できるようにまとめました。

ブログ開設の手段は大きく分けて二つある

まずお伝えしたいことは、ブログを開設するときにブログサービスを使うパターンと使わないパターンがあります。

ブログサービスとは何でしょうか。

ブログサービスを使うということ

ブログサービスを使うとは一言でいえば、「会社が提供するサービスを使ってブログを開設する」ことです。例えば、Amebaブログやライブドアブログやはてなブログ等があります。

無料で利用開始できることから簡単にブログを開設できて、なおかつはじめからアクセスを稼ぎやすい点*も人気の理由です。

ブログサービスのメリット

*サービス内にブログや記事を紹介する仕組みがあるので、開設直後でもおなじブログサービスのユーザーが見に来てくれます。メリットの一つですね。

気軽に始めたい方ははてなブログ等のブログサービスを利用するのも一つの手段ですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。

私が考えるデメリットは大きく二つです。

1つ目は、サービスがなくなってしまったら自分のブログも無くなってしまう点です。どうせ続けるなら長く続けたいのでこれは大きなデメリットに感じます。

2つ目は、自分のブログなのに「自分のもの感」が弱いです。ブログの運命がサービスと共にあり、使い勝手についても使い始めてからしかわからないので後から不自由に感じる場合もあります。そして、あくまでもサービスを使っているので、自分にとって嫌な仕様変更があってもNOと言えません。笑

ブログサービスのデメリット
  • サービスがなくなってしまったら自分のブログも無くなってしまう
  • 自分のブログなのに「自分のもの感」が弱い

とはいえ、すごく便利でアクセスも稼ぎやすいので手軽に始めたい方ははてなブログで試してみるとよいかもしれません。すぐにアクセスがあるのでモチベーション維持につながります。

ですが、個人的には自分でレンタルサーバーを契約して独自ドメインを取得して自分だけのブログを立ち上げる事をお勧めします!(一見難しそうですが用語も含めてまた解説しますのでご安心下さい。)

ブログサービスを使わずにブログを開設するということ

とにかく自由度が高いです。広告からデザインからとにかく自分の思いのままにできます。

その反面自由度が高すぎて初心者の方は何から始めてよいか分からないというデメリットもあります。しかし、一昔前よりもブログを開設している人は増えて情報もとってもたくさんあります。それに当ブログでも一通り開設方法を紹介するので何も心配いりません。

てんてん

自分だけのブログを運営するって想像以上に楽しいですよ。

分からないことも少し取り組むだけですぐに分かる小さなハードルばかりなので、できた後の喜びに比べたら些細なことです。

スポンサードリンク

ブログサービスについての基礎知識まとめ

この記事では次のようなことを解説しました。

  • ブログを開設する手段には2パターンある
    • はてなブログなどのブログサービスを使う
    • サービスを使わずに0から自分で開設する
  • 「自分だけのブログ」を開設するために0から開設がオススメ
    • 手軽に開設できるブログサービスでは自由度が低い
    • 0から開設する人だけが味わえる自分だけのブログという達成感
    • デザインや広告なども自由に設定できる

次回は、0からブログ開設のためにレンタルサーバについての基礎知識を共有します。

ブログ初心者のための基礎知識02:レンタルサーバー編【初心者】

その他ブログ開設に役立つ情報はこちらからどうぞ。

特化型ブログで複数キーワードGoogle検索1位達成までにやったことのまとめ

みんなにも教えてみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です