面接で何話してるか分かんなくなっちゃった…対策考えてみた【転職・就職】

転職・就職活動で一番大事といっても言い過ぎではないのが「面接」です。面接官とのやり取りの中で、用意してきた内容であればリズムよく答えられると思います。

では、想定外の難しい質問がとんできた場面の緊張感を想像してみて下さい。回答によっては、和やかな雰囲気が一瞬にして凍ってしまう場合もあります…

今回は「面接で話すことの一貫性を守るために準備しておくこと」について共有します。後悔よりも先に出来ることがあります。

スポンサードリンク

面接で何言ってるか分からなくなってしまうのはナゼ?

気に入った求人の書類選考が通れば面接です。実際に入りたい会社に行って、面接官とお話をするわけですが、終わったあとは一人反省会しますよね。「もう少しこう言えたな」「あの質問は難しかかった」様々あると思います。中でも反省の色が濃くなってしまうのが次の失敗です。

Mr.Nayami

質問に答えている時、自分でも何を言っているか分からなくなっちゃった…

面接あるあるですよね。もちろん面接慣れが必要だという場合もありますが、どうして何を話しているか分からなくなってしまうのでしょうか。

失敗にはしっかり理由がある

「何を言っているか分からない」という失敗の理由を、一言で表すと次の通りです。

あなたが本来「働く上で大事にしていること」から、話がずれてしまっているからである。

深く考えすぎるとつらい話が多くなってしまうので、ここでいったん木をイメージしてください。どんな木でも構いませんが、枝があるとありがたいです。私は今こんな木を想像しています。

枝や葉っぱを「発言や行動」に置き換えてみると、幹は 「発言や行動」 を支える「考え方」と言えます。なぜ、「その発言・行動を選択したのですか」と聞かれたらその時の「考え方」を答えますよね。言動そのものも重要ですが、物事に対する考え方は、その人が本質的に重要にしていることであるために非常に重要です。そして、

物事に対する考えが定まっていない人の言動に、一貫性はありません。

何を言っているか分からない状況では、発言の元となる「大事にしている価値観」がぼやけて見えなくなっています。

スポンサードリンク

面接に行く前に用意したい「仕事をする上で大事にしていること」

面接ではこれまでの仕事について聞かれます。面接官はあなたがどのように考え、何を重要視しているか、という本質的なところを見ています。何の考えも理由もなく行動した経験を話しても、まるでアピールになりません。

キャリアを積む上で「どのようなことを大事にしているか」を明確にしましょう。

私は「周囲の人のために自分が存在している」と考えて行動を選んでいます。この考えが定まっていると、あらゆる質問に対して回答できます。どんなことをしたら人の役に立てるのか、そう考えると新しい知識を吸収するモチベーションにもつながります。努力の動機にもなっています。

面接では、転職の理由、企業を志望する動機、なぜその仕事を選んだのか、入社後のあなたにどんな貢献を期待できるか、様々なことを話す機会があります。私は「どのようなことを大事にしているか」を明確にすることで、あらゆる質問に即興でも対応できる自信が付きました。

この記事を読んでいる今ならば選べます。「面接終わりの反省会を続けますか?」それとも「面接官から直接、合格と言ってもらいますか?」

みんなにも教えてみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です