自分にマッチする求人、見つける方法と3つのコツを伝授

転職の悩み
スポンサーリンク

転職活動中の悩みとしてよく聞かれることの一つとして「自分にマッチする求人はどうやって見つけるか」があります。

この記事では、自分にマッチする求人をどうやって見つけるのかについて、そして3つのコツをお伝えします。自分をしっかり見つめなおす機会を作って、自分にぴったりの求人を見つけましょう。

スポンサーリンク

自分にマッチする求人の見つけ方と3つのコツ

自分にマッチする求人の見つけ方が分かれば、応募に向けて様々な行動を起こすことができます。では、自分にマッチする求人とはどのような求人を指しますか?

自分にマッチする求人とは何かを説明できますか

自分にマッチする求人について説明できる方は読み飛ばしていただいて問題ありませんが、説明できない方にはある共通点があります。それは、自分がどのような人材であるか客観的に説明できないという点です。

つまり、業界内での自分の立ち位置を知らない場合が多いという事です。

自分が業界内でどの立ち位置にいるかを説明できないうちは、どのような求人にマッチするか説明できません。そのような状態では、手探りでヒットする求人しか見つからないという事がなんとなくイメージできます。

そもそも、絶対に成功する転職活動の方法という近道はありません。電化製品の使い方とは違い、転職活動には絶対という言葉はありません。転職活動を成功させるためには、失敗の原因になりうるものをつぶしていくことが重要です。ミスマッチの求人に応募する前に、その状況を見つめなおしましょう。

自分にマッチする求人の見つけ方

自分の市場価値を理解できていない人は自分にマッチする求人を説明できないことを共有しました。その上で、自分にマッチする求人を見つけるために唯一出来ることがあります。

それは、自分自身の市場価値を理解することです。

自分がどのような人材であるかを理解することで、条件面でのミスマッチを防ぎます。これは非常に重要で、業界内で同じような経歴であるにもかかわらず、自分よりも待遇がいい人を見てしまうとモチベーションが下がります。モチベーションの低下は本人が気が付かないうちに会社への不満につながりやすい要因の一つです。

せっかく入社する企業への不信感は誰も得しないので、まずは自分自身の市場価値を理解しましょう。

自分自身の市場価値を理解するために

自分の市場価値を理解するためには客観性が必要です。価値とは他者との比較によって生まれるものであり、主観的に考えてしまうとうまく比較できません。

市場価値を知るためには、まず自分自身の分析から入ることをオススメします。自身の経歴を振り返ることから始めます。経歴を整理することで、市場と比較する準備を整えられます。経歴を整理した後でお勧めしたいのが、年収査定サービスです。

年収査定サービスとは読んで字のごとく、経歴を入力することで適正な年収を提示してくれるサービスですが、その中でもミイダスをオススメします。このサービスは、客観的なデータに基づいた適正年収を提示してくれます。

その裏付けとなるのが、「HRアワードのプロフェッショナル部門(人材ビジネス、人事サービス関連企業)」に入賞した実績です。HRアワードとは、人事関連の分野での国内の非常に大きな賞です。この賞レースは各省庁からも後援されているようです。

「HRアワード」の特長
『日本の人事部』正会員約150,000人の審査・投票をベースに公正で透明性の高い運営を行っています。
厚生労働省や経済産業省からも、後援されています。

HRアワード公式ページ

経歴を整理した後では、使い方に困ることもないかと思いますし、何より登録無料でこの受賞サービスを受けられるのは大きいです。

自分にマッチする求人を探す際の3つコツについて

ここまで読んでいただくことで、自身の市場価値を客観的に見つめることができました。そして、ここからは目にする求人を取捨選択する軸を一度作成したといっても過言ではありません。その上で、求人を実際に探す際のコツを3つ紹介します。

  • 経歴に対して見栄を張らないこと
  • 自分を安売りしないこと
  • 自分の得意分野を活かすことができること

1つ目は経歴に対して見栄を張らないことです。ここがブレると客観性がなくなります。見栄を張って得られるものは少ないです。よく見られたいという気持ちが沸くことは人間として当たり前ですが、冷静に適切な評価を自分に下すことで、ミスマッチの可能性は下がります。

2つ目ですが、自分を安売りしないことです。見栄を張らない一方で、安く見積もってはいけません。あなたの経歴はあなたしか持っていません。それを振り返ってそこまでよくないと思っても、その経歴は非常に独自性の高いものです。現状を理解していることで、自身の未来を計画できるため、ランクの高い求人だと思っても挑戦することができます。自分の評価を不当に下げることはありません。

3つ目は、自分の得意分野を活かすことができるという点です。独自性の高いあなただけの経歴で身に着けた得意分野を活かすことができる求人は、あなたにマッチしている場合が多いです。得意分野とは実際に取り組む事自体ではなく、本質的な性質です。データを扱う人にとって正確性や堅実性が重要なように、自分の得意分野と求人内容の親和性を考えることはマッチする求人へ近づく一歩となるでしょう。

自分自身が転職市場の中でどの立ち位置にいるか知ることで、冷静に適正に価値を理解できます。その上で、自分にミスマッチな求人を取り除き、「人材としての価値を発揮できる求人」を獲得しましょう。

タイトルとURLをコピーしました