エージェント経由の転職活動で”年収アップ”しやすい理由とは

転職エージェント
スポンサーリンク

転職エージェントと転職支援サービスには違いがあるように思います。

私はビズリーチで数多くの転職エージェントから連絡を受けて転職を経験しました。ビズリーチ経由の転職活動を通じて、大手の転職支援サービスとは異なるサポート体制が見えてきました。

この記事では、 年収アップに非常に有効な手段であると理解できるように、エージェント経由での転職活動がどんなものか分かりやすく解説します。転職活動中の方だけでなく、もう少ししてからキャリアアップしたい方の準備にも有効な内容の記事です。

スポンサーリンク

転職エージェント特有の支援の仕組み

大手の転職サイト・転職支援サービスはもちろん有効な転職手段の一つですが、今回お話しする『転職エージェント』と『転職サイト・転職支援サービス』は経験上似て非なるものであるという認識があります。どちらが適しているかは個人の特性によるところもありますが、有益なサービスですので流れを把握していきましょう。

転職エージェント経由の転職活動とは

まず、転職エージェントとはどのようなものでしょうか。簡単にまとめると次のようになります。

  • 転職サポート人材が複数人在籍するチーム体制を業界ごとに持つ
  • チーム内のサポート人材それぞれが独自の求人を持つ
  • 求人を取ってきた人材が個別に転職活動のサポートを行う

まずは業界ごとに専門分野を持つサポート人材が複数人でチームを作ります。そして、チーム内の各人がそれぞれ企業に働きかけて独自の求人を取ってきます。これだけではないですが、いわゆる非公開求人という扱いのものは独自のルートで動き、企業のほしい人材像を求人へと変えるべく日々営業をかけて出来上がります。

転職エージェント経由の転職活動では専任の窓口の様な担当者はいない場合が多いです。つまり、求人票を取ってきた営業担当者がそのまま求職者のサポートを行います。具体例を示すと次のようになります。

転職エージェントはこんな仕組み

金融業界に特化した人材が複数人でチームを作り、それぞれが独自のルートで作成した求人を持つ。チーム内の誰かが求職者とコンタクトを取ると、求職者情報がチームにシェアされて別の担当者からも独自の求人を提案してもらえる。

ざっくりと転職エージェント像がつかめたと思います。では、転職エージェントの強みとはどのようなところにあるのでしょうか。

エージェントの強み

私が考える転職エージェントの強みは次のようになります。

  1. エージェント経由でしか出会えない求人がある
  2. 転職サポートと企業から求人を取ってくる人が同じなので交渉がスムーズ
  3. サポートが必要なときはすぐに駆けつけて面談を行える

ここから特に重要になります。

エージェント経由でしか出会えない求人がある

エージェントは独自のルートで求人を取ってくるため、その人経由でしか出会えない求人を持っていることがあります。エージェントが好きな企業・かつて入社したかった企業の求人をどうしても紹介したく、粘り強い営業によって獲得したケースに私は出会ったことがあります。

その人が頑張っただけと思うかもしれませんが、私がお世話になった転職エージェントの8割くらいは「自分でも入りたいと思えるような素敵な求人を作成すること」に熱意を持っていました。サポート担当者のキャラクターや発言は、転職活動をポジティブに進めるにあたって非常に有効に働きます。

転職サポートと企業から求人を取ってくる人が同じなので交渉がスムーズ

これも大きな強みです。転職エージェントは、求人票を作成している人が『企業と転職希望者のサポート』を行います。そのため、企業がどういう人材を求めているか、どのような傾向を持っているかをしっかりと把握しています。

また、待遇面などの難しい交渉であっても、求人票を作成する信頼感を企業との間に持つエージェントであれば安心して任せることができます。

あなたが転職活動中交渉したいことができた時、企業の事を理解しながら交渉してくれる人に直接相談したいと思いますよね。

サポートが必要なときはすぐに駆けつけて面談を行える

転職エージェントの強みとして、私が経験した中で驚きを感じたのがその【柔軟性】です。私は働きながらの転職活動であったのですが、いつ連絡しても対応してくれます。都合がつかない時は、スケジュールや必要な情報の調整までをエージェント側から適切に提案してくれます。

面談時間の予約など不要なケースが多く、緊急時には今から行きますよと言ってくれる場合もあります。どうしても考えることが多くなってしまう転職活動期間に、手厚くサポートをしてもらえるのは助かります。

私はエージェントのためにも面接頑張るぞという気合の入れ方をするほどに信頼感をもって転職を行えた記憶があります。

エージェントの考えを分析すると年収アップ転職の理由が見えてくる

転職エージェントの強みとして、独自の求人を持つ複数人の人材からなる業界専門チームが柔軟に転職活動のサポートをしてくれる点を挙げました。ここで、彼らの思惑を考えてみることにします。

転職マッチングサービス出現によるエージェントの活躍

独自の非公開求人を持つエージェントは、彼ら彼女ら自身が非常に能力の高い営業のエキスパートです。当然ミスマッチのないように、企業と求職者の両者に満足のいく転職活動のサポートをしたいと努力を欠かさないはずです。エージェントは企業が求める人材の適切な市場価値と、それに見合う求職者の両者を知っています。

また、求人票の作成と転職活動のサポートだけではなく、好条件の求人に合わせた人材の発掘にも力を入れているように感じます。なぜなら、好条件の求人と求職者のマッチングサービスが整ってきたからです。

好条件の求人とは、言い換えれば求人を持つエージェントであり、彼らが積極的に求人に合わせた人材にアピールできる世の中になっています。

好条件求人と優秀な人材のマッチングを成立させるエキスパート

エージェントは好条件求人に適切な人材を送り届けることで企業から対価をもらっています。非常にストレートな言い方をすると、

好条件求人を成立させれば大きな利益となる。

自身の生活や的確なサービスを継続させるために利益を出し続けるという事は非常に重要なことです。営業のエキスパートである彼ら彼女らがそれを考えないわけがありません。エージェントの思惑とは「ハイクラス求人とそれに見合う人材を、いかにして出合わせるか」にあります。

出来る限り「いい求人を取ってこよう」と努力しますし、それに「見合う人材への適切なサポート」を行います。そのため、転職活動によってステップアップしたい人材の適切な転職先が非常に簡単に見つかるというケースが増えています。

求職者の努力を無駄にしない「エージェントのプロ意識」を感じられる刺激的な転職活動をあなたも一度は経験してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました