ビズリーチでスカウトが来ない理由は職務経歴書にあった。

せっかくビズリーチの登録審査通ったのにそのまま放置していませんか?

正しく対策することで【ビズリーチ経由で自分が目指していた企業への中途採用枠】を勝ち取ることができました。今回は実際の経験をもとに、正しいビズリーチの使い方をお伝えします。

ビズリーチでスカウトが来ない時にやること
  • ビズリーチ経由で転職するための準備ができているか理解する
    • マイページのヘッドハンター分布図を見るべし!
  • 求人を呼び込むためのビズリーチの正しい使い方を理解する
    • 自分の欲しい求人に合わせて職務経歴書を見直すべし!

スポンサードリンク

ビズリーチで企業求人を集めるために確認すること

まずしっかりと定義しておきたいのですが、ビズリーチの審査に通った方はビズリーチ経由で転職できます。審査通過時点で「ハイクラス求人サイトの審査に通過できる経歴を持つ人材」として認められています。この点をしっかりと認識してください。

自分自身の『人材としての価値』を認めることは非常に重要なことです。

その中で、ビズリーチ経由での転職活動がうまく行かない原因を探っていきましょう。ビズリーチのマイページ内に分布図が用意されているのをご存知でしょうか。

正しくビズリーチを使えているかの目安は分布図に隠されている

マイページの中段に下図の様なスカウト受信状況があります。その中の右側を見てください。そこに分布図が示されています。

こちらの分布図がどのようなデータをしてしているかを解説します。次の画像は分布図を分かりやすく解説するために作成しました。簡単に解説すると以下のようになります。

  • 青線は1日当たりの職務経歴閲覧者数を示す
  • オレンジ線は1日当たりに受信したスカウトの数
  • 縦軸は閲覧者数:上に行くほど職務経歴閲覧者/スカウトの数が増える
  • 横軸は時間:右に行くほど現在に近づく

あなたの分布図はどうなっていますか?このグラフを見る上で重要なポイントは以下の通りです。

  1. 青線の1日当たりの職務経歴閲覧者数が0でないことを確認
  2. オレンジ線の1日当たりに受信したスカウトの数が0でないことを確認

この2つは直接関係のある数値ではありません。言い換えると、職務経歴閲覧者数が0であってもスカウトは来ます。

職務経歴閲覧者数が少ない方は要注意!

青線の職務経歴閲覧者数が少ない場合は要注意です。

あなたの職務経歴書に書いた内容とヘッドハンターが探している人材がずれていると考えられます。公式ページに職務経歴閲覧者数についての説明が書かれています。

職務経歴閲覧者数とは?

ヘッドハンターがあなたの職務経歴書を閲覧した際に残る「履歴」のことです。「職務経歴書閲覧数」が多い日は、あなたの職務経歴書に書かれている同一のキーワードを多数のヘッドハンターが検索している可能性があります。

ビズリーチ公式ページ
ビズリーチで職務経歴閲覧者数が伸びない理由とは?

ヘッドハンターが求めている人材』にマッチする【キーワード】を職務経歴の中に書くことができていない。

スカウト数が少ない方は職務経歴の内容がヘッドハンターにささってない

職務経歴閲覧者数を獲得しながらもスカウトが来ない方は少しの変化を起こしましょう。

閲覧者数を獲得しているという事は、需要のあるキーワードを職歴の中に持っているので、転職市場での人材としてのポテンシャルは高いはずです。

にもかかわらずスカウトが来ないという事は、あなたの価値が正しく伝わる職務経歴となっていないと考えられます。

ビズリーチでスカウトが来ない理由とは?

ヘッドハンターがほしい人材ではあるけどスキルや実績がうまく伝わっていない。

ではどうするか考えてみましょう。

スポンサードリンク

ビズリーチで求人を集めるために職務経歴書でアピール!

分布図で発見したビズリーチを正しく使えていない方の特徴は、次の2点でした。

  • 職務経歴閲覧者数が少ない:職務経歴に需要のあるキーワードが入っていない
  • スカウト数が少ない:職務経歴で自身の魅力を伝えきれていない

正しく使うために出来ること、その考え方はとてもシンプルです。

今すぐに職務経歴書を見直しましょう

分布図に数値が現れていない方は何か原因があります。それを解決できる方法はヘッドハンターとあなたを引き合わせる職務経歴書の編集です。

私も職務経歴書を書き直してからスカウトをくれるエージェントのランクが変わりました。

【転職初心者必見】ビズリーチでヘッドハンターに刺さる職務経歴の書き方

みんなにも教えてみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です