ビズリーチ初心者向き、ヘッドハンターに刺さる職務経歴の書き方

転職エージェント
スポンサーリンク

転職活動にビズリーチを使う人が増えているように感じます。自分の周りにもいますし、ビズリーチの公式サイトにも新規会員の登録数増加と大きく書かれています。

私自身ビズリーチ転職の経験を持っており、今回は審査通過後にまず取り組む事になる職務経歴の書き方を共有します。私はこの書き方を意識することでタレント会員でありながら、Aクラス以上のヘッドハンターから世界的に有名な企業の求人紹介を受けた経験があります。

登録者数が増えるという事はライバルが増えることと同じです。職務経歴書をしっかり整備してライバルとの差別化を図りましょう。

▽会員のクラスとヘッドハンターのクラスについて知りたい方はこちら▽

スポンサーリンク

ヘッドハンターにハマる職務経歴の書き方

ヘッドハンターの気持ちヘッドハンター達は何を考えて転職希望者を選んでいるのでしょうか。職務経歴書をまとめる前に、まずは読む側の意識について考えてみます。

ヘッドハンターは転職希望者に何を求めているか

彼ら彼女らは、求人と優秀な転職希望者をマッチさせる事が仕事です。言い換えれば、企業が内定を出す人を探しています。ビズリーチは「即戦力人材」と「ハイクラス求人」というキーワードを大きく打ち出しています。よって、ヘッドハンターが職務経歴を見た際に「この人材はあの求人に応募できそうだ」と、求人を連想させるようなものでなければなりません。

この人材は求人に応募できる、受かる可能性を秘めていると感じさせることで、ヘッドハンターにメッセージを送ってもらえるのです。実際にヘッドハンターから送られてくるメッセージの始まりには「職務経歴を拝見して連絡いたしました。」と書かれています。

では、ヘッドハンターとの接点である職務経歴などの情報はどのようなものとすべきでしょうか。

ヘッドハンターにいい人材だと理解してもらう職務経歴とは

ヘッドハンターにとって魅力的な人材とは、自身の持つ求人とマッチしており、内定の可能性を秘めた人材と定義しました。

ビズリーチは人材の情報が詰まっているデータベースですから、ヘッドハンターは一つ一つ情報を見ているわけではなく、 何かしらの検索機能を使用していることは間違いありません。数多くのライバルたちの中からヘッドハンターに見つけてもらうために、職務経歴を書く際には次のことを意識する必要があります。

  • 希望条件と関連性の高いキーワードが職務要約とスキルに盛り込まれている
  • 職務要約とスキルが職務経歴からずれていない
  • 簡潔である

分かりやすく違和感のない職務要約とスキルを見ることで、ぜひ話を聞いてみたいと面談確約メッセージを受け取ることができます。

希望条件と関連性の高いキーワードが職務要約とスキルに盛り込まれている

会員が設定する項目として希望条件という項目があります。これは希望年収・業界・職種などを各項目です。つまり、どんなところに転職したいかを示す項目です。

この希望する条件と職務経歴・スキルがずれていては違和感が残ります。なぜこの人材はここを希望するのだろう…そう思われないように注意したい項目です。この条件を希望するだけあってそれに見合った職務履歴やスキルを持っていると納得させましょう。

自身の職務要約やスキルのキーワード選定については別の記事にまとめたいと思います。

職務要約とスキルが職務経歴からずれていない

ビズリーチに登録する会員の方の大部分は、社会人として経験が長かったりスキルをたくさん持っていたりすると思います。そのため、すべてを書ききってしまうと、どのような人材なのかぼやけてしまうと思います。数多くの経験やスキルの中で他の人と差別化できる一番自信のある強い情報から書いていくべきです。

そうすると、この人材はこういう人材だと一言で言い表すことのできる個性が見えてきます。まず個性を打ち出してから、その個性に厚みを付けるような情報を付け加えるべきです。結果として、職務経歴からずれることのないために違和感のない、個性を主張できる職務要約とスキルの情報提示ができます。

簡潔である

経歴に自身がある方や経験の長い方に多い傾向があると感じていますが、職務経歴書にまとめきれずにすごく長くなって読みたくなくなってしまうというケースがあります。ヘッドハンターは人間ですので、読みやすく簡潔であればあるほど情報が伝わりやすいです。

私の経験上文章で書くよりも箇条書きとして情報提示をするほうがメッセージが来る印象があります。次のルールで書くことで読みやすさが上がると考えています。

〇業務内容:経験年数
 担当した内容
 売り上げなどの具体的な成果

まずはどのような人材か理解してもらうために、自分がどのような業務を何年間経験があるかを書きます。その次の担当した内容では、例えば営業職であった場合には、担当顧客のカテゴリやある買っていた商品の内容を書きます。そして、担当した内容の具体的な成果を次に書きます。

様々な業務を経験している方でも、経験年数や業務内容ごとに担当した内容の成果を分かりやすく伝えられます。

まとめ

ヘッドハンターにとって魅力的な人材とは、自身の持つ求人とマッチしており、内定の可能性を秘めた人材と定義しました。数多くのライバルたちの中からヘッドハンターに見つけてもらうために、職務経歴を書く際には次のことを意識する必要があります。

  • 希望条件と関連性の高いキーワードが職務要約とスキルに盛り込まれている
  • 職務要約とスキルが職務経歴からずれていない
  • 簡潔である

自分がどういう人材なのか、簡潔にまとめることで、面談で話を聞いてみたいという確約メッセージを獲得できます。

どんな人でも魅力的な部分は必ずあります。分かりやすくまとめてヘッドハンターの視線を集めましょう。

タイトルとURLをコピーしました